2012年07月09日

川俣正「三笠プロジェクト」なふ

120709_1135~04.jpg
29年前のテトラに参加した高畠さんも一緒!
posted by meme at 11:39| 川俣正

2012年06月19日

川俣正/三笠プロジェクト2012 参加者募集!

12-06-12-2kawamata.gif

★期間
7月8日(日)〜14日(土)
※作業はAM10:00〜PM6:00の予定です。また、7/14は午後から作品の公開イベントを予定。

★場所
旧・美園小学校 体育館(北海道三笠市美園町62-1)
※岩見沢バスターミナルより、中央バス三笠線にて「美園市民センター」下車(所用約35分)徒歩約3分
※中央バス 三笠線:平日は30分に一本間隔で運行。土日祝は40分間隔。片道約500円程度。

詳細HPはこちら

PDFでもご覧になれます!

マツリダゴッホ 興味を待ったら現地へ集合!まずは行動してみよう!
posted by meme at 00:00| 川俣正

2012年06月15日

「炭鉱の記憶」ART CAFE

12-06-16kawamata.jpg

6月16日(土)12:00〜15:30
そらち 炭鉱の記憶マネジメントセンター

詳細はPDFからお確かめください。

マツリダゴッホ 川俣正/三笠プロジェクトはいよいよ7月7日(土)前夜祭スタートするらしいです。
posted by meme at 19:54| 川俣正

2012年04月08日

川俣正 三笠ふれんず


最近は色付きもあるようです。

12.04-08-kawamata-1.jpg

川俣正・ふれんず会員引き続き募集中です!
一次募集締め切りとありますが、まだまだ順次受け付けております。
詳しくはHPでご入会ください。
三笠ふれんず申し込みはこちら

マツリダゴッホ 「へー、1枚1枚違うんだ。」と言う友達がいました。もちろん!直筆ですし、今回の三笠プロジェクトのエスキースですからどんどん変化しているんですよ。水彩色付きがあったりもします。
posted by meme at 09:38| 川俣正

2012年04月07日

結ホール なふ

120407_1006~01.jpg

川俣正 三笠ふれんずのデッサン梱包のお手伝いで来てます。
posted by meme at 10:20| 川俣正

2012年02月20日

川俣正 直筆スケッチ届きました!

12-02-20.gif


ヤッッホー!!『直筆 三笠プロジェクトドローイング』(サイン、ナンバー、年号入り/額装済み/八つ切りサイズ)が送られてきました!

昨年よりスタートした「川俣正 三笠プロジェクト」を支援する「三笠ふれんず」に入会すると、もれなくもらえます。絵図らはいよいよ今年行われる炭鉱町のインスタレーションのアイディアスケッチ。私に届いたのは、旧美園小学校体育館で予定されているジオラマplanのドローングでした。体育館一帯を炭鉱町に再現するようです。ステキ。

これを見て、
「あーー、直筆ドローイングを逃してしまった!!!」って方はいませんか?
大丈夫、
「三笠ふれんず」は引き続き会員を募集しています。
入会するともちろん直筆ドローイングをちゃ〜んとGETできます。額装済でお得ですよ。
こちらのフォームから入会できますのでお見逃しなく。

川俣正 北海道プログレス公式サイトはこちら

マツリダゴッホ 「会員番号0006」6番目でした。他に制作やアトリエの様子が入ったDVDが送られてきました。今年の夏が楽しみですね!
posted by meme at 00:00| 川俣正

2011年11月11日

三笠ふれんず

mikasa-friends.jpg

以前にも紹介しましたが、「三笠ふれんず」第1回目の募集締め切りは11月30です!
登録者100名に川俣正ドローイングがもらえます!
ホントです。


どんなドローイングか知りたい方はこちらのブログをご覧下さい。

「三笠ふれんず」の申し込みはこちらから

マツリダゴッホ ドローイングを見ているとなんだか胸が熱くなっちゃった。なぜかと言うと、私はここで生まれたからです。
posted by meme at 18:00| 川俣正

2011年08月28日

『三笠ふれんず』 川俣正・北海道インプログレス

mikasa-friends.jpg

川俣正「北海道インプログレス・三笠プロジェクト」を支援する会『三笠ふれんず』が立ち上がりました。


入会申し込みはこちら


マツリダゴッホ 地元でのプロジェクトの実現は夢でした!いろんな形でできるだけ参加したいです。
posted by meme at 00:00| 川俣正

2011年03月10日

北海道インプログレス

kawamata11-03-10.gif
※クリックすると大きくなります。

3月8日(火)〜13日(日)
室蘭美術館
http://hip-muroran.jimdo.com/

マツリダゴッホ 壮大な話への一般の人々の反応はいかほどか。ほとんどの道民はきょとん?だったとしても でっかい夢への一歩ってこんな風に進んで行くんですね。
posted by meme at 21:10| 川俣正

2011年03月05日

学生による北海道インプログレスワーキングプロジェクト in 室蘭

11.01.23-3.gif

3月8日(火)〜13日(日)
室蘭美術館

いよいよ始まりますね〜。
ホームページとブログが出来たようです。
北海道インプログレス ワーキングプロジェクトin室蘭
北海道インプログレス ワーキングプロジェクトin室蘭 ブログ

マツリダゴッホ こんなふうにして動きだすんですね〜。
posted by meme at 00:00| 川俣正

2011年01月27日

川俣正/著「ON THE WAY」

11-01-26-2.gif

前にも紹介しましたが、川俣氏の著書の中では「ON THE WAY」が一押しです!
この本を読めば、若いときから現在までが一通りがわかります。
考えている事がストレートに伝わってきます。

元気がなくなったりすると、この本を読んでパワーをもらってます。
何度も読み返してます。
今の私のバイブルで、いつもすぐ手の届くとろに置いてあります。
で、今回はサインしてもらいました。

11-01-26-1.gif

アマゾンから買えますよ!
↓ こちらをクリック



マツリダゴッホ サインもらって元気100倍!アマゾンをちょっとのぞいたらなんと中古本3830円!ちなみに定価は1890円です。びっくり!
posted by meme at 00:00| 川俣正

2011年01月25日

川俣正/三笠講演

11.02-007.jpg
土、日の近美に引き続き三笠でも講演会がありました。
やっぱり幾春別生まれ、岩東、札美、と同じ道を通って来た者としては行かなきゃならない!と何処からか聞こえてくる天の声に体が動かされました。

連日の豪雪が嘘のように晴れ渡った三笠。街灯にとどきそうな雪山。まるでモーゼの道に導かれるように三笠に到着!

結論から言うと、「行ってよかった」です!
アーティストらしい参加者は見当たらず、ほとんど地元のおじさん、おばさんが120名ほど集まっていました。いいなぁ。こう言う感じ。

11-01-25.gif

はじめに札幌でも流したフランス語の入った最新映像を解説を交えて紹介。
ほとんどの人は川俣氏の仕事をよく知らないようでした。
札幌の1日目はテトラハウスの話題を懐かしんで大いに盛り上がっていましたが、
三笠の場合は、テトラ画像にすぐ後ろのおばちゃんが「あら〜これじゃあねえ〜(笑)」と一言。
後半は川俣氏が三笠でやりたい事について語られ、目黒でやった炭住のジオラマを紹介しました。
すると後ろのおばちゃん、「まぁ、これだったらね〜。うん。」と反応。
最後は質問タイム。
札幌のように我れ先と手を挙げるアーティストも無く
極々一般の方々が素朴な質問をされていました。
その質問内容が逆にアートをやっている側にはとても新鮮に感じました。

川俣氏の構想は50%キャンセルと言ってましたが
こんな現場(まだ良い方?)をいくつも乗り越えてやって来たんだなぁ。と実感したしだいです。

マツリダゴッホ 地元のおじさん、おばさんの反応がすごく新鮮に感じた。川俣氏の姿勢もすごく丁寧で札幌とはちがった緊張感を漂わせた講演会だった。三笠に行った甲斐があった。
posted by meme at 23:00| 川俣正

2011年01月24日

川俣正/北海道インプログレス・ワークショップに参加しました!

11-01-23-2.gif
「北海道で出来る事」をひたすら考えるワークショップです。
いろいろなアイディアを募ってそれをひたすら検証して行く作業の繰り返し。
参加者が次から次へと紙に書いて提出。それをスクリーン上に投影する。
スクリーンを見ながら検証し、採用されたものは前の模造紙に書き込まれる。
検討を重ね、最終的に7つほどの案しぼった。
その中の一つが「計画倒れになったプロジェクトをリサーチする」でした。
なんと自分の「計画倒れの工業団地プラン」が元になったのだ!!なんか嬉しい!!
こちらが上の画像のアップ。

11-01-23-.gif

工業団地は廃墟のイメージ。今回は廃墟を外そう。ってことになり、でも、川俣氏には「計画倒れ」が妙に気に入ったようでそこだけ残りました。やったー!

例えば、なぜムツゴロウさんは北海道を去ったのか?を検証し直していいよね。と言うことです。

このワークショップの模様は教育大学のHPに掲載されるそうです。
http://www.hokkyodai.ac.jp/iwa/

そしてこのワークショップで絞られた案は室工大の学生が引き続き検証するそうです。

11.01.23-3.gif

マツリダゴッホ いや〜。疲れました。何とか川俣氏に届く案を考えるにはすごいエネルギーが必要だし、ここはアーチストだらけで我先と食い込んでくる。延々と淡々と続く作業には相当なタフな精神力が必須。前日も懇親会などありその後も遅かったのではと想像するのですが川俣氏のタフさには驚きです。やっぱりかなわないなぁ〜。


posted by meme at 23:00| 川俣正

2011年01月23日

川俣正 北海道インプログレス

11-01-02.gif

川俣正レクチャーに参加してきました。
ご本人の今までの仕事の紹介や考え方などが語られ興味深かったです。
質問コーナーは主に北海道在住のアーティストの方々からの質問と言うか語りが入ったりで、川俣正さんに対する熱い思いが目立ちました。世界の川俣を目の前にしてる訳ですから熱気ありましたよ!
さてさて、明日は10:00〜16:00までのワークショップ。
どんな濃い現場になるでしょうか?それともあっさりとしたものなのか。。。楽しみですね。

マツリダゴッホ 昼は近美、夜は宮の森美術館で「ぐっとくるもの」を宮島さんに語りました。さてさて「ぐっとくるもの大賞」の行方は・・・後日お知らせします。今日はもう疲れました。。。グナイ。
posted by meme at 00:05| 川俣正

2011年01月20日

川俣正 北海道インプログレス

11-1-18.jpg

北海道立近代美術館

□1月22日 13:30-16:30
第一部 川俣正レクチャー「北海道から世界へ」
第二部 シンポジウム「北海道インプログレスを考える」
     (パネリスト:川俣正、三橋純予、菊地拓児、佐藤友哉)
[自由参加制/聴講無料/定員240名]

□1月23日 10:00-16:00
北海道インプログレスのためのワークショップ
[募集制/200名(先着順)/参加無料]
近美ページから申し込みが出来ます。

マツリダゴッホ 絶対行く!出身高校が同じと言うことで誠に勝手に親近感を感じてます。美術室にはご本人の生石膏デッサンが貼ってありました。隅に漢字で書かれていた『川俣』と言うサインを見て「変わった名字だなぁ」と妙にはっきりと覚えてます。

posted by meme at 00:00| 川俣正

2009年06月29日

本 川俣正

09-05-30-1.jpg

高校の美術室にすごく上手な石膏デッサンがよく貼られています。だいたいは予備校の宣伝の印刷物です。でも私が通っていた高校の美術室はちょっと違っていました。直筆で隅になげやりに「川俣」と書かれていました。

後に川俣氏を知るのは大学で先輩たちが「川俣正の仕事を手伝いに行く」と言っていたことからです。世に言う「テトラ・ハウスN-3 W-26」です。

そんなこんなで誠に勝手ながら一方的に妙な親近感をもっていまして、作家活動と言うか生き方にすごく惹かれていました。とてもお勧めの一冊です。

マツリダゴッホ その美術室の直筆のデッサンの話を美術関係の人にしたら「今じゃ,●●●万くらいしますよそれ。」なんて言ってました。2,3枚はありましたよ。
posted by meme at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 川俣正