2007年06月07日

イタリアの風展

渡辺貞之画伯の展覧会です。
画伯は深川アートホール東洲館の館長でもあります。
07.06.07-1.gif

「イタリアの風 展」
Gallery さいとう 6月5日〜10日

画伯は私設美術館「うなかがめーゆ美術館」も運営しています。
今年度のスケジュールです。
07.06.07-2.gif
うなかがめーゆのHPもあります。どうぞご覧ください。
ここのお庭はターシャチューダさんの庭のようです。
そろそろお花のいい季節かと思います。
07.06.07-3.gif
6月2〜16日は画伯の恋人である「渡辺通子展」が開催されています。
posted by meme at 18:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 展覧会
この記事へのコメント
今日、見てきました。
とても味のある絵でした。
スケッチの題名にかかれているコメントを読んでいるとその時の状況がイメージできてよかったです♪
Posted by 石垣 at 2007年06月07日 22:34
スケッチってその人の自身の姿が現れると思います。
どこに何を感じているかとか、絵に向き合う姿がそのまま絵になっちゃうんですよね。
そういう意味で、渡辺画伯のスケッチへの執着と言うか、しつこさは並々ならぬ物があふれていますよね。
Posted by 管理人@北口 at 2007年06月08日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4282921
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック