2009年12月27日

アッツシ織〜果てしない挑戦

アッツシを織ること。それは前々から考えていたことで、ついにチャンスが来たので挑戦しています。こんなことはめったに無いことです。二風谷のアッツシ織の一番の名手である貝澤雪子さんに教えていただいています。

アッツシ織と言っても何のことかわからないと思うので説明しますと。
アイヌ民族が伝承するオヒョウの木から繊維を取り出して「アイヌの反物」です。
芭蕉布のように植物から繊維をとることは良く知られてますが、世界広しと言えども木から繊維をとるのは珍しいことです。こんな文化が身近にあることはすごいことなんです。シナの木からの織物もありますが、シナは繊維が弱いらしいです。オヒョウでやっているのは世界中を見ても北海道だけです。

まずはこれがオヒョウ。

09.12-27-1.gif

これを裂いてつなげます。

09.12-27-2.gif

そして紡ぎます。

09.12-27-3.gif

マツリダゴッホ 来年は織りに入れることを願って、せっせと糸作りです。昔から職人に憧れてました。

posted by meme at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニ風谷
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34412118
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック