2009年08月05日

北口さつき展より

〜個展より〜
今回はここ2年ばかりの作品でアジアなどの民族テーマのものをはぶいて出してみました。
展示して意外にもハッとしたことは、その季節に感じていたことを絵にしていることです。それはあたかも日記を書くように季節をなぞっていました。

09.01-24-2.gif
「沈黙」 F50号

これは冬の絵です。

マツリダゴッホ 変な話ですが、その季節に感じた思いを直に絵にしていることは私自身大変驚きました。制作テーマをほとんど意識していなかった。自分のことなのに。もっと客観的に醒めて日常を見る事ができたら絵も変わってくるのだろうけど、そんな知的なことは私にはやっぱり無理です。そう思います。

posted by meme at 23:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 展覧会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31091632
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

■北口さつき展 (8月8日まで)
Excerpt:    札幌時計台ギャラリー、今週のB室は、道展日本画部の会員、北口さつきさんの個展です。  札幌市内の高校の教壇に立ちながら、日本画を描き続けています。    北口さんというと、豪奢な桜の絵と、存在感..
Weblog: 北海道美術ネット別館
Tracked: 2009-08-06 22:57