2017年01月11日

等伯と真田丸

お正月は南禅寺に居ました。
で、南禅寺周辺をぐるぐるしていたら、「金地院」に出会いました。
金地院は徳川を祀る寺院で、
繁栄を絶やしてはいけないと一切落葉しない木を使っています。
この冬の時期に木々も苔も青々としていました。
雪の国から来たものにとってはこの季節の緑は感動です。
さらに、長谷川等伯「猿猴捉月図」が、見られます。
しかも、ガラス張りなし!つまり、いくらでも顔を近づけることができます。

感動しました。。。

2017-0107.jpg

*解釈:猿が井戸に映った月を取ろうとする構図。
自身の地位や能力を過信して、欲を出しすぎて身を滅ぼすことを表す。

話は変わりますが、
最近、録画していた真田丸総集編を一気に見ました。
すると、

2017-0106.jpg

朝鮮出兵を企てる秀吉の背後に!
さすが、真田丸!味なことをやりますなぁ〜。

マツリダゴッホ 真田丸と言えば、秀吉花見のシーンの醍醐寺のセットも結構イケてて好きです。
posted by meme at 08:40| 雑記