2008年04月27日

平城遷都1300年記念「国宝薬師寺展」

08.04-27-5.gif
東京国立博物館 3月25日(火)〜6月8日(日)

菩薩様の背中が見れる!と言うことで大勢の人たちで賑わっていました。
「絵は分からないから」と言う人はよくいますが、
「仏像は分からないから」とはあまり言わないようです。
仏像はそれぞれの解釈で見ることが出来るんですね〜。
しかも、仏像や宗教モノの展覧会はいつも混んでます。
一応わたしも見られない背中が見れると聞くと、ついつられて行ってしまいました。

薬師寺には修学旅行で行くことが多いのですが、
いつぞやの修学旅行では本堂の改築が行われていて
その余材(樹齢2500年の紅檜)で作った摩尼玉を購入しました。
もちろんそんな玉に興味を持ったのは私だけでしたが、
見るたびに「買っておいてよかった」となぜか安堵するのです。

マツリダゴッホ 菩薩様は56億7千万年後に本当に世界を救ってくれるのでしょうか?
posted by meme at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14467953
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック