2012年03月29日

気仙沼の人たち

12-03-29.JPG

気仙沼に行って思いました。

どうしてこんなに涙が出るんだろう。

実は毎日いろんな場面で泣きたかったんだと思います。
本当は辛いんです。
被災はしてないけど、日々いっぱいいっぱいで生きている。
誰もが本当は泣きたいのに無意識に押し込めて日常を送っているのだと思います。
そんな中で、自分よりはるかにつらい境遇にもかかわらず
頑張っている人たちを目の前にして
結界が切れてしまうんだと。

78歳のおじいさんが1000人の前で「どや節」を歌われた時には
涙があふれて直視できませんでした。
大泣きした後、気仙沼の人たちと話をして
何かすがすがしい感触を持ちました。

「ありがとう」って何度も言われましたが、こちらこそ「ありがとう」です。

マツリダゴッホ アート話題じゃなくて失礼しました。




posted by meme at 00:00| 雑記