2011年01月25日

川俣正/三笠講演

11.02-007.jpg
土、日の近美に引き続き三笠でも講演会がありました。
やっぱり幾春別生まれ、岩東、札美、と同じ道を通って来た者としては行かなきゃならない!と何処からか聞こえてくる天の声に体が動かされました。

連日の豪雪が嘘のように晴れ渡った三笠。街灯にとどきそうな雪山。まるでモーゼの道に導かれるように三笠に到着!

結論から言うと、「行ってよかった」です!
アーティストらしい参加者は見当たらず、ほとんど地元のおじさん、おばさんが120名ほど集まっていました。いいなぁ。こう言う感じ。

11-01-25.gif

はじめに札幌でも流したフランス語の入った最新映像を解説を交えて紹介。
ほとんどの人は川俣氏の仕事をよく知らないようでした。
札幌の1日目はテトラハウスの話題を懐かしんで大いに盛り上がっていましたが、
三笠の場合は、テトラ画像にすぐ後ろのおばちゃんが「あら〜これじゃあねえ〜(笑)」と一言。
後半は川俣氏が三笠でやりたい事について語られ、目黒でやった炭住のジオラマを紹介しました。
すると後ろのおばちゃん、「まぁ、これだったらね〜。うん。」と反応。
最後は質問タイム。
札幌のように我れ先と手を挙げるアーティストも無く
極々一般の方々が素朴な質問をされていました。
その質問内容が逆にアートをやっている側にはとても新鮮に感じました。

川俣氏の構想は50%キャンセルと言ってましたが
こんな現場(まだ良い方?)をいくつも乗り越えてやって来たんだなぁ。と実感したしだいです。

マツリダゴッホ 地元のおじさん、おばさんの反応がすごく新鮮に感じた。川俣氏の姿勢もすごく丁寧で札幌とはちがった緊張感を漂わせた講演会だった。三笠に行った甲斐があった。
posted by meme at 23:00| 川俣正