2008年06月15日

土楽陶仏つづき

いろいろ調べるとこの陶仏が焼かれた覚性律庵の住職、大阿闍梨・光永澄道氏は2005年に逝去されていました。ではこの「一念心中」の文字は誰の書?と思いきやよくよく見ると落款がありました。ああ、やっぱり「澄道」氏のものでした。
08.06.15.gif
この陶仏は05年以前に制作されたものだったんですね。

タイムリーにも本日14:00よりNHKで澄道氏の弟子に当たる光永覚道氏のこころの時代〜宗教・人生「回峰行に生きる」が放映されます。

マツリダゴッホ 煩悩を捨てるどころか作者にこだわったりしてまだまだ世俗に浸かっている訳で。。。
posted by meme at 11:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ARTな話題